冬の乾燥から肌を守る3つのポイント

冬の乾燥から肌を守る3つのポイント

寒い時期になると困るのが肌の乾燥ですよね。

 

乾燥によるかゆみで肌を掻き壊してしまったり、職場の暖房が強すぎて顔の肌が乾燥して皮膚がバリバリになったり、肌に痛みを感じる人もいるようです。
そんな乾燥から肌を守るポイントを紹介します。

 

・保湿

 

乾燥には保湿が何よりもより効きます。

 

まず顔の乾燥には保湿成分が入った化粧水やパックをしましょう。化粧水はケチらずに適正量を使用して下さいね。顔の乾燥が特にひどい場合には高保湿成分の入った化粧水を選びましょう。
保湿成分や美容液が含まれたパックもお手軽なセルフケアでオススメです。

 

どんなにケアしても乾燥してしまう人は、一度使っている化粧水を見直したほうがいいかもしれません。

 

化粧水は高保湿成分と外部刺激から肌を守るセラミドが配合されたもの、クリームは肌に浸透しやすいジェル状が良いでしょう。

 

・オイル

 

そしてフェイスケアの最後に保湿のためにオイルを塗ると良いでしょう。オイル自体には保湿成分はありませんが、乳液と同様に化粧水の潤いを逃がさないためにフタをする効果があります。またメイクをしている時の乾燥にはミスト状の化粧水が効果的です。ササッと振りかけたら手のひらで優しく押さえて化粧水を肌に浸透させましょう。

 

・ボディクリーム

 

身体の乾燥にはお風呂上がりにボディクリームを塗って下さい。顔と同様にボディオイルで潤いを閉じるのも良いでしょう。特に身体の乾燥が激しいようなら、ボディクリームよりもワセリンや軟膏がオススメです。

 

乾燥してかゆみを感じるとつい擦ったり掻いたりしてしまいますが、角質の表面が荒れてしまうので気を付けましょう。

 

やはり肌の乾燥には早め早めの保湿ケアが有効なのですね。

 

毎日のお手入れを面倒がらずに、自分を労る気持ちで小まめにすることが大切です。

 

慌ただしい日々だからこそセルフケアの時間はリラックスできるように、好きな音楽を聴きながらするなどちょっとした工夫をするといいかもしれませんね。"