オリゴ糖の種類、効果と特徴について

オリゴ糖の種類、効果と特徴について

最近、腸内環境を整えることが健康につながるという中で、オリゴ糖が登場しますが、実際のところ、オリゴ糖って何?と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?私もその一人です。
今回はそんなオリゴ糖初心者の方へ、オリゴ糖について少しお話をいたします。

 

 

オリゴ糖は、字の如く糖類の一種です。元は母乳の研究から発見された成分らしいです。今は腸内環境を整える効果があることで注目されています。
オリゴ糖と一口にいっても、実は約20種類ほどオリゴ糖にも種類があるようです。
小腸で吸収されてしまう消化性のオリゴ糖と、消化されずに大腸まで届く難消化性のオリゴ糖とに分けられています。

 

 

それぞれ効果が違うので、簡単に特徴を書いてみました。

 

難消化性のオリゴ糖は、ビフィズス菌増殖機能がとても高い働きをします。

 

●ガラクトオリゴ糖
母乳に多く含まれている動物性のオリゴ糖です。腸内のビフィズス菌を増やすのを助け、腸内を整える働きがあります。
またタンパク質の吸収を助け、ミネラルの吸収を促進するなどの働きがあります。

 

●乳果オリゴ糖
ラクトスクロースとも呼ばれているオリゴ糖で、天然のサトウキビに含まれているショ糖と牛乳に含まれる乳糖を原料にしてつくられたオリゴ糖です。カロリーが低くダイエットに向いています。また便秘の改善にも効果があるとされています。

 

●キシロオリゴ糖
とうもろこしやたけのこに含まれる食物繊維を加水分解酵素で分解してつくられるオリゴ糖で、お菓子、乳製品、健康食品などに用いられています。
虫歯になりにくいという効果もあるそうです。

 

●ラフィノース
ビートからつくられる天然のオリゴ糖で、免疫力アップやアレルギー症状の緩和に効果がみられるそうです。

 

 

消化性

 

●大豆オリゴ糖
大豆タンパク質を利用した後の残りカスから分離、精製して作られたもので、人の消化酵素では分解しにくいので、他のオリゴ糖よりも少量でビフィズス菌の増殖を促進させることができるそうです。

 

 

どんな食材に入っているのでしょうか?
食品100g中に含まれる含有量をピックアップしてみました。

 

  • ごぼう…3.6g
  • 玉ねぎ…2.8g
  • エシャロット…2.8g
  • 納豆…2g
  • はちみつ…1.5g
  • にんにく…1.0g
  • バナナ…0.3g

 

などに多く含まれれるようです。
また、オリゴ糖は、40〜50度のお湯に一時間つけていると、オリゴ糖の量が倍になるそうです。ですので、タマネギやばなな等は焼くことでオリゴ糖が増えるので、ぜひ試してみてください。