根野菜を摂取して、運もうんも付ける

根野菜を摂取して、運もうんも付ける

根野菜は昔から運がついて、うんもつく野菜と言われています。
根野菜とは人参、大根、ごぼう、自然薯、れんこん、さつま芋など土の中で成長する野菜のことを根野菜と呼びます。

 

根野菜の名前を見てみると、どの野菜の中にも「ん」が入ることが由来で、運が付くとか、根気がつくとか言われているそうです。
そして、健康には欠かせない、うん(便も)つきやすくなる野菜としても知られていて、便秘がちな人や、胃腸を整えたいと思っている人が好んで食べる野菜としても知られている、大変な健康食となる野菜なのです。

 

根野菜がどうしてそこまでうん(便)を付かせるかと言うと、野菜の中でも食物繊維が多く含まれてる野菜とも知られています。
成人が1日にどれくらいの食物繊維を摂取すれば良いのかと言うと?男性で1日に20グラム以上。女性で1日に18グラム以上と言われています(2015年版)研究結果では、便秘解消のためには1日に20グラムの摂取で効果的だとされていますが、心筋梗塞の予防では1日に24グラムの食物繊維の摂取が必要とされているのです。

 

では食物繊維質が多い根菜類をどの様にして食べたら、効果的なのでしょうか?
食べ易い食べ方としては、味噌汁。きんぴら、根菜入るのスープまたはポトフなどが上げられています。

 

根野菜は100gあたりにどれくらいの食物繊維が含まれているのかを比較してみると、大根は1,4グラム。ごぼうは5、7グラム。人参は2,7グラム。レンコンは2グラム。さつま芋は2,3グラムと言われています。
味噌汁やきんぴら、根菜スープやポトフにして、少しずつでも根野菜の種類を豊富に入れれば、1日で成人が摂取したい食物繊維の量を身体に取り入れる事が出来ると言うわけなのです。

 

毎日、根野菜を食べ続けることが難しいと思う人は、せめて週末だけでも根菜豊富なメニューにして、身体のデトックスと整腸効果を整えて欲しいと思います。
健康維持の為には、根野菜を摂取して、運もうんも付けるということです。